本昌寺ってどんなお寺?

妙光山本昌寺は寛永11年(1634)5月26日開山、堯蔵院日受上人によって創立されました。
その後、安永5年8月に再建。向かいにあった蓮華山妙法寺は寛永17年(1640)開山、本妙院日要上人によって創立された日蓮宗の寺院です。

明治27年に本昌寺と妙法寺は合併され、本昌寺の寺号は妙法寺に、妙法寺の寺号は河内の福泉町へと移されました。

現在の本昌寺の場所は、旧妙法寺のお寺が立っていた場所という事になります。(諸説あり)

阪神淡路大震災の影響で、築200年近い本堂が傾き、その年より本堂、客殿、庫裡の建て替え工事を計画。
日蓮宗の立教開宗(日蓮宗の誕生)750年に当たる平成14年4月、当山檀信徒各位様、有縁の方々のご尽力のもと無事完成落慶を迎え現在に至ります。

当山の第二祖には日蓮宗を代表する高僧、心性院日遠上人という先師がいらっしゃいます。
6歳で出家し16歳で法華経を講じるその姿は、神童として称えられたとの記録があります。
総本山である身延山久遠寺の法主も勤め、その際には徳川家康公より「念仏無間はそらごとである」との誓状を出せとの命令に、身延山久遠寺の山主としての立場からその命令に従わず、結果家康公を激怒させた。
この時家康公の側室であり、かねてから日遠に帰依しておられた養珠院お万の方が、ともに処刑されることを家康公に願い出て、その堅固な信仰心に感じ入り日遠上人を赦免したとされている。

晩年は鎌倉に身を置いたとされ、養珠院お万の方をはじめ、たくさんの方が日遠上人のもとを訪れている。